機械適用プラスター

QualiCell セルロース エーテル HPMC/MHEC 製品は、次の利点により、マシン適用プラスターを改善できます。 オープン タイムが長くなります。作業性向上、こびりつき防止こて。たるみや湿気に対する抵抗力を高めます。

機械貼付プラスター用セルロースエーテル

石膏ベースと石膏石灰ベースのマシンスプレープラスターが混合され、連続的に稼働する左官マシンに適用されます.それらは、壁と天井の非常に効率的なコーティングに使用され、1 層 (約 10 mm の厚さ) で適用されます。
すべてのモルタルがモルタル噴霧機での噴霧に適しているわけではありません。機械吹き付けができないモルタルは、機械吹き付けに適しています。機械吹き付けに必要なのは特殊なモルタル、つまり「機械吹き付けモルタル」です。
多くの場合、モルタルは機械で吹き付けて壁に塗ることができると考えられています。私のモルタルは「マシンブラストモルタル」と呼ぶことができます。モルタルの吹き付けに対応する設備や消耗品のコストが妥当かどうか、壁に占めるモルタルの比率が適切かどうか、モルタルの吹き付け工程で跳ね返りや垂れがないかどうか、さらに重要なことに、乾燥したモルタルが高層ビルに適しているかどうか乾燥粉末の輸送およびその他の要因。

機械適用プラスター

上記の要件が満たされている場合にのみ、「機械爆破モルタル」と呼ぶことができます。

モルタル噴霧機の空気洗浄手順:
ステップ1:パイプラインにはストップバルブを装備し、垂直または上向きに傾斜したパイプ内のコンクリートが逆流するのを防ぐためにストッププレートを挿入する必要があります。
ステップ2:フロント直管口のコンクリートを一部取り出し、エアウォッシングジョイントに接続します。あらかじめ水を含ませたスポンジボールをジョイント部に充填し、吸込口、排気弁、圧縮空気ホースをジョイント部に取り付けます。
ステップ3:コンクリートスプレーが人を傷つけないように、パイプの端に安全カバーを取り付けます.
ステップ 4: 圧縮空気がスポンジ ボールとコンクリートを押し出すように、圧縮空気吸入バルブをゆっくりと開きます。パイプラインにストップバルブが装備されている場合は、エアバルブを開く前に開位置で開く必要があります。
ステップ5:パイプライン内のコンクリートがすべて空になり、すぐにスポンジボールが発射されたら、空気洗浄は完了です。
ステップ6:圧縮空気吸入弁を閉じ、さまざまなパイプ継手の分解を開始します.

 

推奨グレード: TDS をリクエストする
HPMC TK100M ここをクリック
HPMC TK150M ここをクリック
HPMC TK200M ここをクリック